戸建てマイホームに関わってくる法律の話

戸建とマンションの違い

家を購入するときにマンションそして一戸建てと2つに分かれます。
それぞれに、メリットデメリットがありますが戸建てを購入する際に最近の売り方として多いのは、土地と建物が一緒になっている物件が多く見受けられます。
少し前までは2階建て戸建の傾向が多くありましたが、年々土地の確保が難しくなってきておりますので住む街によっては、3階建ての戸建てが多いところも存在します。
値段の上限は様々で仕様そして設備を付けると値段は上がりますが、売られた状態での購入ですと土地・建物・立地条件から最低価格の金額は変わり4000万円前後での購入が多いように感じます。
これから、土地の値上がりや消費税の増税で購入金額の変動はありますが良い物件を見つけ気に入った物なら購入をお勧めします。
増税があるから早く買わなければと焦ってしまわれる方も、購入した物件に愛着が持てず違う家に変えたいと思われても資金繰りが大丈夫であればいいのですが、ほとんどの方が一度家を購入すると10年単位で住み替えは早々ないので、じっくりと見ることをお勧めいたします。
戸建のメリットはやはり、土地が自分の所有になるので家が古くなった際に建て替えをし新しい設備を導入し、自分の好きな間取りや収納に変える事ができます。
庭などを設けた際には、小さなお子様がいる場合ビニールプールで遊ばせる事ができ家庭菜園や園芸も楽しむことができるので毎日の生活で楽しみや便利さが増えると思います。
楽器の音や子供の足音そして騒音などの音に関する問題はなくなります。
自分の音を他人に気遣うことなく、他人の音も嫌がる方は多いと思いますがこのような事からも避けることができるので、これは大きなメリットだといえます。
マンションであれば駐車場・駐輪代の費用はかかりますが戸建にはかからなく、年数が経ってもその間に住宅周辺の環境が変わり住みやすくなると思いますので資産価値は上がります。
そして、マンションには管理費・修繕費が毎月請求されます。
けれど、戸建てには毎月支払わなくていいので毎月の固定費が減り、その分ローン返済や貯蓄に回すことも大きなメリットだといえます。
最近の戸建ては、少額のオプションでお風呂のお湯をエステのような炭酸水に変えることやセキュリティー会社が最初から入っていることが多い傾向にあります。
設備など良い物を付けている不動産会社などがあり、戸建てを購入の際には不動産会社もよく検討されるといいです。

Copyright (C)2015戸建てマイホームに関わってくる法律の話.All rights reserved.